数学教育研究所 清史弘 公式サイト Fumihiro Sei Official Web Site

2月27日実施の駿台教育研究セミナーについて

今年度の春期駿台教育研究セミナーについて
2 月 27 日実施のセミナーの中で行われる「今年度の入試演習」では,
今のところ、
東大理系第 1 問、第 3 問、第 5 問を扱う予定です。もちろんこれ以外にも追加する予定です。追加する大学は最低でも京大、早稲田、慶応を予定しています。
第1問はどのようなアプローチが最短か、
第3問(時間があれば第5問も)は趣旨を理解すればとりあえず最終結果は一瞬でわかってしまう
という話にしようと考えています。

参加者は上記の問題をあらかじめ目を通してもらえると助かります。
問題文はここにあります。
http://mainichi.jp/life/edu/exam/daigakubetsu/graph/toudai1/sugaku_b/1.html

当日は楽しみにしています。
 清 史弘

This entry was posted on 土曜日, 2月 26th, 2011 at 10:34 AM and is filed under 教育. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses to “2月27日実施の駿台教育研究セミナーについて”

  1. NAGATA Hiromi said:

    セミナーありがとうございました。京大の問題は実力の差のでるいい問題じゃないかなと個人的には思うようです。ただ,法学部と医学部はあれでは数学では差がつかないかもしれませんね。

  2. Sei said:

    今日はどうもありがとうございました。21:00ころ帰宅しました。
    京大についてはあのくらいでおそらく入試としては機能するのでしょう。ただ、入試問題というのは次年度以降の受験生の目標になるので、今年度くらいの問題ができればよいと考えてもらっては京大受験生としては少し寂しくは感じます。

Leave a Reply




Message: