数学教育研究所 清史弘 公式サイト Fumihiro Sei Official Web Site

「駿台受験シリーズ 分野別 受験数学の理論1 数と式」訂正一覧

「駿台受験シリーズ 分野別 受験数学の理論1 数と式」訂正一覧

訂正一覧
(2011 年 7 月 31 日判明分)

         

  • p.240 2 行目
    (誤) 反射律  (正) 対称律 

(2005年3月1日判明分)

  • p.70 解答1行目
    (誤) 3つ因数を (正) 3つの因数を
  • p.87 下から2行目
    (誤) 書くなくてはならない (正) 書かなくてはならない
  • p.136 注2 の 1 行目
    (誤) 3 次方程式を求める  (正) 3 次方程式の解を求める
  • p.172 脚注
    (4.2) の場合と同様に  (正) (4.1) の場合と同様に
  • p.238 注の2行目
    (誤) 「f(x)は倍数g(x)」  (正) 「f(x)はg(x)の倍数」
  • p.246 下から2行目
    (誤) となる. n の存在が  (正) となるnの存在が
  • p.278 注
    (誤) ことでてきたことに   (正) ことでできたことに
  • p.295 上から17行目
    (誤) 双子素数が無限あるかどうか  (正) 双子素数が無限個あるかどうか
  • p. 304 右の図
    (誤) a_●   (正) a_0
  • p.305 右の図
    添え字の1つがr_3からr_4に、また、r_4はr_5にする。
  • p.324 下から2行目
    (誤) (B.25)   (正) (B.24)

(2005 年 7 月 30 日更新分)

  • p.34 上から 9 行目
    (誤) f(1)=2 であるから  (正) f(1)=3 であるから

(2005 年 8 月 29 日更新分)

  • p. 40 下から 7 行目
    分数列の中の 3/2 を 2/3 にする。すなわち
    (誤) 1/1, 2/1, 4/1, 1/3, 3/2, 4/3   (正) 1/1, 2/1, 4/1, 1/3, 2/3, 4/3

(2005 年 11 月 30 日更新分)

  • p.268 下から 5,6 行目
    (誤) -3t  (正) -8t

(2005 年 12 月 16 日更新分)

  • p.154 解答の (1) の中の 6,7 行目
    (誤) x=1 を ① に代入して    (正) x=1 を ② に代入して
    (誤) x=-1 を ① に代入して    (正) x=-1 を ② に代入して

(2006 年 2 月 21 日更新分)

  • p98 中段
    (誤) z^2=1 なので  (正) z^2=i なので
  • p.227 下から 7 行目
    式の左辺の√をとる。つまり  x+12/x+1 ≧2√x・12/x+1
  • p255 下から 7 行目
    (誤) 説明ことはできないが  (正) 説明することはできないが
  • p.256 解答 1 行目
    (誤) a と b の約数   (正) a と b の公約数
  • p259 下から 2 行目
    ap+b(-q_1 p-q_3)   にする。(pが抜けているところがある)
  • p302 下から 1 行目
    (誤) 若干  (正) 弱冠

(2006 年 4 月 12 日更新分)

  • p.134 の (3.21) 式
    b’^2 の係数 (誤) -5/9 (正) -1/3
    b’^3 の係数 (誤) 4/27 (正) 2/27
  • p.249 下から 2 行目
    (誤) 1,2,3, ・・・, p-1 の積は一致する   (正) 1,2,3, ・・・, p-1 の積を p で割った余りは一致する.

(2006 年 4 月 17 日判明分)

  • p.15 6 行目
    (誤) 最小値はどれも 1 である.   (正) 最小値はどれも -1 である.

(2006 年 4 月 25 日判明分)

  • p.296の下から3行目、およびp.297 の表の右段
    (誤) 2^n (2^n -1)    (正) 2^(n-1) (2^n-1)

(2006 年 5 月 16 日判明分)

  • p.271  3 行目
    問題文の式に ・・・・・・① を入れる。(式番号をつける)

(2009 年 3 月 13 日判明分)

  • p.44 上から 6 行目
    (誤) f(x)=x^2-x でも   (正) f(x)=2x^2-x でも

This entry was posted on 火曜日, 3月 1st, 2005 at 12:00 AM and is filed under 訂正一覧. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

6 Responses to “「駿台受験シリーズ 分野別 受験数学の理論1 数と式」訂正一覧”

  1. 赤木 said:

    2006 年 2 月 21 日更新分
    p.256 解答 1 行目
    ですが、p.256 は「フェルマーの大定理と合同式」の話が続いているので、このページには何かに対する解答は無いと思うのですが、別のページではないでしょうか?

  2. 今井 said:

    P.240の上から2行目ですが、2.の性質は対称律かと思います。

  3. Sei said:

    p.256 についてですが、質問の意味がよくわかりません。

  4. Sei said:

    p.240 についてのご指摘はありがとうございました。訂正に加えておきました。ご指摘いただいたコメントとこの返答は数日後に消去します。

  5. 赤木 said:

    > p.256 についてですが、質問の意味がよくわかりません。
    すみません、説明不足だったかもしれません。
    このURL(http://math.co.jp/blog/?p=95)の「2006 年 2 月 21 日更新分」の4つ目に

    p.256 解答 1 行目
    (誤) a と b の約数   (正) a と b の公約数

    とあると思うのですが、私の持っている「駿台受験シリーズ 分野別 受験数学の理論1 数と式」では、
    p.256は「フェルマーの大定理と合同式」というコラムが載っていて
    p.256には「解答 1 行目」という言葉が指し示すものが無い様に思えました。

    もしかしたら、版数が上がってページ数が増減して、私は清さんと別の内容を見ている可能性もありますが、
    私の持っている「駿台受験シリーズ 分野別 受験数学の理論1 数と式」には、版数の情報も無い様でした。
    しかし、「2006 年 2 月 21 日更新分」の5つ目の

    p259 下から 2 行目
    ap+b(-q_1 p-q_3)   にする。(pが抜けているところがある)

    は確認できたので、p.256 がズレているならば、p.259 もズレているという仮定が正しければ、その可能性もないと思いました。

  6. 伊藤文彦 said:

    、「数と式クリニック(解答・解説)」
    xviiiの診察室11の解説についてですが、
    最後の

    「・・・かつx+1≧0)
    が正しい変形です.」

    とあるのは

    「・・・かつx-1≧0)
    が正しい変形です.」

    の間違いです。

Leave a Reply




Message: