数学教育研究所 清史弘 公式サイト Fumihiro Sei Official Web Site

あけましておめでとうございます。– 今年大切なことを控えている人へ–

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

ここを訪れる方には今年に大学入試、あるいは就職活動など大切なことを控えている人もいるでしょう。そのような人に向けて短いお話をいたします。

例えば、9:00から大学入試が始まるとしましょう。あるいは、10:00から第1希望の就職の採用面接が始まるとしましょう。そして、普段は1時間あれば会場まで到着するとします。しかし、このような場合、普段と同じように1時間前に出る人はどれだけいるでしょうか。なぜなら、もしも、途中で何かの事故が起こり間に合わなければ取り返しのつかないことになるからです。したがって、絶対に遅れてはならないときは多少ハプニングがあっても到達できるように予定を組むのではないかと思います。それに、いざというときには、普段普通にやっていることが難しくなることもあるからです。

さて、大学入試を例にとってみましょう。普段、センター試験で900点満点で750点以下はとったことはなく、実際の試験でも750点とれば十分であるとしましょう。このようなときに、これで安心して何もしなくてもよいでしょうか。

私は、絶対に譲れない重要なことの場合、これで安心してはならないと考えます。「何を当たり前のことを言っているのだ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それが最後まで実行できる人とそうでない人が実際にいるので念を押すためにここであえて言ってみているのです。

すなわち、大切なものを控えているときの姿勢は、次の通りです。

   的は真ん中を狙え。

的はどんなに大きくても、また、的の端に当たりさえすればよいとしても、大切なことの場合は的はど真ん中を狙うべきです。譲れないものの場合は、的を当てることは余裕であっても、的のど真ん中を狙うようにしましょう。

これが、私から皆様に言いたいことです。今年の皆さまの健闘を祈ります。

 

This entry was posted on 月曜日, 1月 1st, 2018 at 2:44 PM and is filed under お知らせ, その他. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response to “あけましておめでとうございます。– 今年大切なことを控えている人へ–”

  1. 匿名 said:

    今年の皆さまの「検討」を祈ります。
    ⇒健闘???

Leave a Reply




Message: